◎ 最新号紹介THERAPEUTIC RESEARCH vol.38 no.8 2017
photo
シンポジウム「受動喫煙防止の観点からさまざまな阻害要因について」
(左から)シンポジストの大和 浩氏,山本太一氏,尾崎治夫氏,座長の望月友美子氏
世界禁煙デーの5月31日,「健康日本21推進全国連絡協議会平成29年度第1回分科会」兼「記念イベント」が東京都文京区の日本医師会館で開催され,200名が参加した。ここでは世界基準の禁煙を求める専門家らの講演とシンポジウムから,受動喫煙防止対策の現状と課題を報告する。
厚生労働省はラグビーワールドカップ2019日本大会,2020年東京五輪・パラリンピック大会を機に受動喫煙防止対策強化を図るが,6月5日,政府・与党は健康増進法改正案の提出を次の国会へ先送りした(編集部)。

《学会レポート》

















《トピックス》
 
《ニュースリリース》

メディア向けに発表された最新ニュースのなかから,臨床に役立つ情報をお届けします。

《ライフサイエンス出版の新刊》
小児肥満症診療ガイドライン2017 小児肥満症診療ガイドライン2017
【編集】日本肥満学会

肥満の判定は成人にはBMIを使うが,BMIの絶対値は年齢・身長の伸びに伴い増加するため小児には使わず,肥満度≧20%か体脂肪率の有意増加とする。
肥満は過剰な内臓脂肪蓄積と強く関連し,小児期から種々の健康障害を惹起し,成人期へトラッキングしやすい。
成人期の肥満がすべて小児期に肥満とは限らないが,学校や地域保健活動の一環として肥満予防に取り組む多職種のニーズにも応えられれば幸いである。(本文より)
¥2,200+税
《ライフサイエンス出版の雑誌》
CORE Journal 循環器
日常診療におけるさまざまな疑問(CQ)に対して,エビデンスと実臨床を結ぶオピニオン誌。
¥3,200+税
Therapeutic Research
医学,薬学の最新情報を提供する総合月刊誌。読者対象は各科臨床医。
¥1,500+税
薬理と治療
医薬原著論文投稿誌。読者対象は各科臨床医,薬剤師,医薬品開発担当者・研究者。
¥1,500+税
オステオポローシスジャパン・プラス
骨粗鬆症と加齢性運動器疾患の総合情報誌。看護師・薬剤師・理学療法士などメディカルスタッフに,現場で直面する問題とその解決策を届けます。
¥1,600+税
日本臨床試験研究会雑誌(薬理と治療増刊号)
医薬原著論文投稿誌。投稿原稿は原著,総説,解説・技術動向,ケースレポート,シンポジウム記録,座談会記録など。
¥2,000+税